好きな人に気持ちを伝えるということ

異性を好きになるということは、自分の欲求を相手に押しつけることが多くなります。例えば、自分が好きと言ったから相手にも好きだと言ってほしい。
もし好きだと言われなかったら、女子はとたんに不安になってしまいます。それどころかそれ以上の想像をしてしまうのです。
「もしかしたら、彼はイヤイヤ私と一緒にいるのではないか?」なんてことを思ってしまいます。
けれど相手はまったくそんなことを知らないのです。

先日友人と会った時、なかなか寂しいと彼氏に言えないと悩んでいました。
けれど相手はそんなこと全然気づいていないみたいで、どんどん気持ちに隙間ができているというのです。
そこで私は相手に気持ちを伝えることの重要さに気づいたのです。そして友人にも言いづらいことなのかもしれないけれど、素直に気持ちは伝えるべきだと話ました。
お付き合いをする時は、自分の気持ちを正直に伝えますが、付き合ってからはどうも気持ちを伝えることが疎かになってしまいます。
けれどそれではいけないのです。

「相手が分かっているつもり」では気持ちは一生交わらないのです。伝えることは恥ずかしいことですが、とっても大事なことだなと感じました。
私も友人にアドバイスをしてから自分の気持ちを伝えるか?と自問自答してみると、やっぱり分かっているつもりになっていたことに気づきました。
これからちゃんと伝えていこうと思いました。