勉強になるブラタモリ

NHKの土曜日午後7時30分から、タモリさんが出演するブラタモリが放送されています。この番組は、街の歴史や人々の暮らしにブラブラ歩きながら迫る番組です。この番組を去年の11月ごろから見始めて、それ以来ほぼ毎週見ています。

前回は黒部ダムのある黒部渓谷の地形についての内容でした。黒部渓谷は3000メートル級の立山連峰と後立山連峰に挟まれたところです。この地形は気の遠くなるほどの長い年月をかけてできました。ここは急峻な場所のため、水力発電所とダムが建設されました。

前回の番組ではタモリさんとNHKの近江アナウンサーが電力会社の方と、普段は入ることのできないダムの内部に入って見学をしていました。暗い通路をしばらく歩いて行くと、扉がありました。そこを開くと、目の前には大量の水が霧状に流れていました。扉の出たところはダム点検用の足場で、観光放水されている場所のちょうど中央に出た形です。高所恐怖症のタモリさんですが、霧状で辺りが真っ白なのが幸いして、放水された水を楽しそうに見ていました。

タモリさんは地質地形に関する知識に秀でていて、番組に登場する専門家の方が説明する前に説明してしまうので、タモリさん自身が専門家のようです。番組では毎回のテーマについて、地質や地形などから謎を見ていきます。町や自然の中を歩きながら回るので、自分がそこにいるような感じがします。そして、その時々で地質や地形などの説明が入るので、とても勉強になります。すごく勉強家だと思うタモリさんは、ブラブラ歩くときにはすごく楽しそうです。