そろそろ買い替え時

結婚して2年、長女が生まれて一年になります。

結婚前から所有している車があります。
7人乗りの車ですが、独身だった当時は維持費が年間いくらかかるとか燃費が悪いといった事はあまり考えず自分の好みで乗りたいと思った自分がかっこいいと思った車に乗ってきました。

結婚して以降子供も産まれ車にかかる維持費について考えるようになりました。
実際ここ数年は故障も増え、修理代などの余計な出費がかなりかさむようになりました。

加えて最近運転中にマフラーが折れて飛んで行ってしまうという事もありました。
幸い後続車などにあたるなどの事はありませんでしたが、小さな子供がいるという事を考えるとこういった不安のある車に乗り続ける事に不安を覚えました。

もし子供を乗せているときに大きな故障などを起こしかねないと思うとファミリー向けで安全性を重視した車への乗り換えを検討するようになりました。

自分の好きに過ごしてきた独身時代とは違い大事な家族が出来るという事はこんなにも考え方が変わるんだなと実感しています。

何もかっこよくないファミリーカーなんか乗りたくないと思っていましたが、家族の安全を考えたら見た目など大して重要な事ではないと感じるようになりました。

子供の成長

中学生に上がる長女に初めてスマホを購入しました。今は部活の連絡などがラインで送られてきたりするそうなので必要になってくるのかなと思い購入を決めました。

旦那も娘にスマホを持たせることに賛成してくれました。中学生になると家族と離れて行動する事も増えるだろうし、すぐに連絡がとれたほうが安心だということで。
娘とメールやラインでやりとりができると、淡い期待もしていたようです。その日、私にはお母さんスマホありがとうとメッセージが届きました。可愛いスタンプつきで。旦那にはまだ届いてないようです。

初めての着信は自分からだと旦那は電話をかけたのですが、娘はとっさに拒否を選んだのです。
小さい時はお父さんにベッタリだった娘も成長しているのでしょうか。お父さん嫌いとかは言いませんが、距離感が難しいお年頃みたいです。

子供の成長に感動した出来ごと!

子供がサッカーを初めて9ヵ月。

まだ小学1年生でサッカーをやっているってより

基礎を学んで楽しくボールを蹴れればっと思っていた私は楽しくサッカーをしている子供を見ているのが嬉しかったです?

ですが、1年生の公式戦があり人数が少ないので6試合フル出場!

見てるこっちがドキドキしてしまい、声が出る出る(^o^)

親も疲れて来たときに、なんと自分の子が初のゴール!

一生懸命ドリブルして相手に止められて、でも諦めないで前へ前へボールを運んで精一杯ボールを蹴って目標だった1点を取ったのです(^o^)

本人もビックリしてました!

親ももちろんビックリ!でも感動で涙が出そうに。

毎日一生懸命練習して、出来ないことを出来るまで努力して頑張った結果が出た一日でした!

年末に和食処でゆっくり家族団らん

毎日忙しい日々ですが、年末に行き付けの和食処で夕食を頂きました。

コースをオーダーして、前菜からお刺身、焼物など盛り沢山。色とりどりのお皿や小鉢、旬の食材を目で楽しみ、素材そのものの味を最大限に引き出した味付け、繊細なお出汁の味を楽しみました。

こんな贅沢なコースを目の前にしたら、お酒が進む進む。主人がびっくりする程、ハイペースで飲んでたみたいです。

しかし、悪酔いどころが本当に心地よくて眠くなってきました。

全て美味しく頂いて幸せな時間を過ごす事が出来、大将と年末のご挨拶をしてお店を後にしました。

これで良い年が迎えられるねと話しながら帰宅。お風呂で夕食の味を思い出し、ニンマリ顔の私の年末の出来事でした。

育休中は節約が必須

育休中は、一番時間もあり色々やりたいときですが、収入が半分以上減るので、節約は必須です。そこで、いくつか実践している節約方法ですが、まずは買い物です。とくに毎日の食費でしょうか。育休中は、仕事に出ているときと違って、料理をする時間があり、家族にもそれを期待されているので、かっちり食材が必要です。

ただ、そのまま買い物に行ったんでは、節約になりません。買い物に行く前に、必ず近所のスーパーの特売情報をネットでチェックします。今は多くのスーパーが情報をホームページに掲載しており、さらには近所のスーパーの情報をGPS機能で一気にまとめて確認できる、スマホアプリもあり便利です。

特売情報をもとに、スーパーをまわります。必ず、客を引き付けるための超特売品があり、それが保存のきくものであれば、大量に入手します。一方で、お野菜、乳製品、パン類は、鮮度落ちや期限が切れるギリギリのものを各スーパーが半額くらいまでに落とすことがよくあります。

冷凍すれば、まだまだ保存のきくものもあるので、必ずチェックします。それも、値下げシールを貼る時間が各店舗で決まっているので、それを知ることで、より効率よくかなり節約が可能です。ちょっとしたことで、家計がずいぶん助かります。

風邪をひいて気付いたこと。

先日の大寒波の時から、風邪をひいてしまいました。現在37歳の私は、もちろん、10代20代の人から見たら、おばちゃんと言われる年齢かもしれない。でも、自分ではまだまだ若いと思っているせいか、風邪なんてめったにひかない。ひいても少しのどが痛いくらいですぐに治ってしまいます。それが、今回の風邪はしつこい。熱はないものの、のどの痛みに鼻水、頭痛、寒気などいろんな症状がだらだら続いています。

それで、なんで風邪ひいたのかなと考えてみました。もちろん、大寒波のせいで寒かったこともあると思うけど、実は最近新しいお仕事を始めたばかり。最初はなかなかなれないし、要領も悪く、なかなか思うペースでこなせなかったり、風邪で寝込んでいるときに、緊張やストレスがかなりあったことに気が付きました。

今回風邪をひいたのは、身体を休ませるきっかけだったのかもしれない。身体はとっても正直に反応する。うまくストレスを発散して、残りの冬は絶対元気に過ごそう!

車がありません

30代の夫婦が出かけられないのには、理由があります。車を持っていないのです。ぶらっと、ドライブすることはできません。

昔は、タクシーを利用する人がお金持ちというイメージです。今でも、その考えが抜けきれません。ただし、都市部では、タクシーを使う人は、余裕のない人なのです。そのせいか、タクシー運転手の運転の荒いことと言ったらありません。とても怖くて、乗れません。わざと乱暴にしたりします。

距離が近いのが嫌なのでしょう。それでも、使わないといけません。

タクシーを使って、買い物をするわけにもいきません。島村も、スーパーも電車の駅の近くにはないのです。すべて、車の人向けです。大都会だと、住まいは良くてもということがあります。

母に教わる家事

家の家事をやっています。しかし、母がやるようにうまくいかないこともあります。その中に「洗濯物がなかなか乾かない」という悩みがありました。とても晴れている日に外へ洗濯物を干しても、なかなか乾かないのです。早くに出すようにしていますが、夕方になってもなんだか湿っている感じがします。

母に会うことがあったので聞いてみました。すると「洗濯物は外に出しているとき向きを変えたり位置を変えたりする」という話をきいて目からうろこでした。私は出したら出しっぱなしだったので、湿ったままなのだと理解しました。それにしても家事も奥が深いものです。

母がこのような努力をしているとは知りませんでした。子どものころもう少し母のやっていることを見て言置けばよかったなと思っています。