育休中は節約が必須

育休中は、一番時間もあり色々やりたいときですが、収入が半分以上減るので、節約は必須です。そこで、いくつか実践している節約方法ですが、まずは買い物です。とくに毎日の食費でしょうか。育休中は、仕事に出ているときと違って、料理をする時間があり、家族にもそれを期待されているので、かっちり食材が必要です。

ただ、そのまま買い物に行ったんでは、節約になりません。買い物に行く前に、必ず近所のスーパーの特売情報をネットでチェックします。今は多くのスーパーが情報をホームページに掲載しており、さらには近所のスーパーの情報をGPS機能で一気にまとめて確認できる、スマホアプリもあり便利です。

特売情報をもとに、スーパーをまわります。必ず、客を引き付けるための超特売品があり、それが保存のきくものであれば、大量に入手します。一方で、お野菜、乳製品、パン類は、鮮度落ちや期限が切れるギリギリのものを各スーパーが半額くらいまでに落とすことがよくあります。

冷凍すれば、まだまだ保存のきくものもあるので、必ずチェックします。それも、値下げシールを貼る時間が各店舗で決まっているので、それを知ることで、より効率よくかなり節約が可能です。ちょっとしたことで、家計がずいぶん助かります。

風邪をひいて気付いたこと。

先日の大寒波の時から、風邪をひいてしまいました。現在37歳の私は、もちろん、10代20代の人から見たら、おばちゃんと言われる年齢かもしれない。でも、自分ではまだまだ若いと思っているせいか、風邪なんてめったにひかない。ひいても少しのどが痛いくらいですぐに治ってしまいます。それが、今回の風邪はしつこい。熱はないものの、のどの痛みに鼻水、頭痛、寒気などいろんな症状がだらだら続いています。

それで、なんで風邪ひいたのかなと考えてみました。もちろん、大寒波のせいで寒かったこともあると思うけど、実は最近新しいお仕事を始めたばかり。最初はなかなかなれないし、要領も悪く、なかなか思うペースでこなせなかったり、風邪で寝込んでいるときに、緊張やストレスがかなりあったことに気が付きました。

今回風邪をひいたのは、身体を休ませるきっかけだったのかもしれない。身体はとっても正直に反応する。うまくストレスを発散して、残りの冬は絶対元気に過ごそう!