30代になり色々な事が起きてるこの3年間

今年の6月で33歳になりました。世間で言う後厄の年です。前厄、本厄、後厄と見事なまでに3年間色々ありました!

30歳の時に離婚。なんの資格もなく一人暮しを始め

小さな町工場で働く毎日。重たい物を持つお仕事で日々腰痛に悩まされながらの作業でした。

31歳になるその年の仕事始めの日。いつもと違う腰痛が私に襲いかかり、立つこともできず起き上がる事さえできない状態でした。

近くに住む姉に来てもらいすぐに病院へ。

ヘルニアでした。注射をしてもらい3日後には何とか歩ける様にはなりましたが、その後も腰痛が怖くて仕事を制限しながら日々生きてます(笑)

そして、去年32歳になりました。町工場のお給料では難しい為夜のお店でバイト。

その帰りの事です。お仕事帰りにタクシーにひかれてしまいました。何が起きたのかわからず気付けば病院(笑)

頭の中によぎったのは、あ…厄年や(笑)

幸い大したケガもなかったのですが、又腰を痛めてしまいしばらくお仕事もお休みに。

保険もあったので、生活は何とか出来る状態でした。

それから今年33歳になる前の5月。

何気に受けた子宮癌検診で、要精密検査との報告。

それだけでも、少し焦りました。言われるまま予約を取り再検査をしてもらいました。

検査結果が出るまで本当に怖くてドキドキしましたが、もう後厄やし(笑)大したこともないやろうと半ば楽観的に居た自分も居ます。

そして、検査の結果が出ました。子宮頸癌ですと医者から言われ…頭の中真っ白です。

そもそも、子宮頸癌て何やろ…(笑)

あれよあれよと、大きな病院の紹介状をもらい1ヶ月先に手術の予約。そして、この間無事に手術も終わり退院しました。今はお仕事の制限しながら安静にしています。

そして、現在手術で取った癌細胞の検査結果待ちでございます。子宮全体に癌がいっていないかどうかを今検査してもらってます。

こんな感じでこの3年病院と仲良しで、この最後と思いたい後厄での癌。今後どうなるか正直もう何もないやろうと勝手に思ってます(笑)

30代身体が変わる年やと思うので、色んな検診オススメしますよ(笑)